[PR] 不動産 着物 | Mistletoe

Mistletoe

ワタシラシイ マイニチ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

有松絞りの浴衣



金曜日はお茶のお稽古へ・・
7月なので夏物の着物にしなければならないのだけど、手入れが億劫なので浴衣で行くことにした。
今年はウン十年ぶりに浴衣を新調しえもらった。
今まではお嫁入り前に作ってもらった絞りの浴衣だったので、身幅があわなくなっていたから・・
実家の隣町は絞り染めで有名な有松
夫の実家も鳴海という東海道五十三次の街道の宿場町だ。(夫の実家はまさに旧東海道沿い)
絞り染めは、東海道を行く旅人の有松・鳴海宿のお土産品として発達した。
子供の頃、近所のおばちゃんたちは、みんな絞り染めのアッパッパ(サンドレス?)を着ていたし、父方ののおばあちゃんも、いつも縁側で絞りを絞っていたので、そんなに特別のものとは思っていなかったけれど、大人になって、細かな手仕事で、これからの後継者が不足していて、貴重な工芸品となっていることを知った。
以前のは赤や黄色の色がさしてあるものだったけど、今回は大人柄でキリリと”麻の葉”の柄に・・
ちょっときれいな、木綿の半巾帯にしたのだけど、博多の帯に比べると締りがゆるくて、少し不安。
次回は博多の帯にすることにした。
今はさめざめと鮮やかな藍色だけど、ゆっくり落ち着いてくると思う
今年は何度着ることができるでしょうか?
着物 | permalink | comments(2) | -

久しぶりの着物



しばらく会っていなかった友人とお昼を一緒する約束をした。
そしてお天気が雨でなかったら、お着物を着てお会いしましょう♪と。。
なので、朝からひと汗かいて、着物と格闘
久しぶりだし、単の着物だし、なかなか上手く行かない。
帯も簡単に、半巾の帯にしてとにかく少しでも楽にいきたいと思った。
お太鼓結びだと大きなお尻が少しは隠せるのだけど、半巾帯だとお尻がまるだしになり、後姿を見て自分でビックリ。
すごい迫力!!
少しでも隠せるように、大き目の”矢の字結び”にした。
今、写真を良くみると、帯の端っこは折れ曲がっているし、背中にはしわが寄っているし、あ〜そのまま、電車で街まで出ちゃった(涙)
こうやって恥をいっぱいかいて、イケてるおばさんになるんだ!!
着物 | permalink | comments(16) | -

振袖の手入れ



今週末に下の娘の成人式の写真を撮る。
そのために、今日は着物の手入れと、必要なものの準備を整える。
この着物は、私が母に作ってもらったもの。
私、長女、次女と3人が同じ着物で成人式を迎える。
一目で気に入ったこの着物を娘と孫たちが着てくれるというので、母は大喜び。
3人分の写真を並べて見るのを楽しみにしているらしい。
古くて、柄も今風でなくて、娘たちには気の毒かなとも思うけれど、しっとり重く、トロリとした絹の感触は、多分今の着物では味わえない感じだと思う。
着物 | permalink | comments(2) | -

着物の手入れ

 

昨日は雨の中一日遊んできたので、今日は丁寧に着物の手入れ
良い天気になったので、着物の汚れをふいて、衣紋掛けに掛け、しわを伸ばして、風を通す
草履も雨にぬれてしまったので汚れをふいて、空拭き、乾かしてクリームを塗る
足袋を手洗いして、長襦袢は化繊なので丸洗い。

こんなことをしていると、すごく自分が女らしくなったような気がする
(その一時だけでも・・)

昨日着たのは、蝶の柄の着物、グレーの桜柄の半巾帯に黒地の羽織
桜柄の草履は履きやすくて、お気に入り
着物 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

バティックの帯



半月ほど前にお願いしていた、バティックの帯が仕立てあがってきた。
写真では濃く写っているが、ほんのりオレンジがかったピンク色の地色に赤とブルーで模様が書いてある。
黒っぽい茶色の紬に合わせてみたらとてもよく会う。
次回のお稽古にしめていくことにした。
その前に楽しいお誘いがあればそのときも・・。
これから春めいてくる季節
とてもいい色でうれしい♪
着物 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)
[PR] RMT